声優・俳優の専門学校・養成所びTOP前のページへ戻る>学校法人恭敬学園北海道芸術高等学校
高等学校/北海道余市郡、北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都豊島区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、福岡県福岡市

学校法人恭敬学園 北海道芸術高等学校

がっこうほうじんきょうけいがくえん ほっかいどうげいじゅつこうとうがっこう

学校TOP
募集コース・費用
体験・イベントニュース
 
 
 
 
 
 
 
募集コース
 
応募資格 ◇新入学及び編入学:2016年3月までに中学校もしくはこれに準ずる学校を卒業(修了)、または見込みの者。
◇転入学:現在他の高等学校に在籍している者(休学を含む)
出願期間 ◇新入学:2015年10月1日〜2016年4月4日
◇転入学及び編入学:随時受付
入試方法 ◇新入学:自己推薦入試、校長推薦入試、一般入試
◇編入学:自己推薦入試、一般入試
◇転入学:転入学入試
詳細は各キャンパスにお問い合わせください。
選考方法 書類選考、面接(保護者同席) ※校長推薦入試は書類選考のみ
受検料 20,000円
面接日 札幌サテライトキャンパス
自己推薦入試:2015年12月19日
一般入試A日程:2016年1月23日  B日程:2016年2月13日  C日程:2016年3月19日  D日程:2016年4月6日
仙台サテライトキャンパス
自己推薦入試:2015年12月12日または13日
一般入試A日程:2016年1月9日  B日程:2016年1月30日  C日程:2016年2月20日  D日程:2016年3月12日  E日程:2016年4月6日
東京池袋サテライトキャンパス、横浜サテライトキャンパス
自己推薦入試(1回目):2015年10月17日  (2回目):2015年11月21日
一般入試A日程:2016年1月23日  B日程:2016年2月20日  C日程:2016年3月19日  D日程:2016年4月6日
名古屋サテライトキャンパス
一般入試A日程:2016年1月23日  B日程:2016年2月20日  C日程:2016年3月19日  D日程:2016年4月8日
福岡サテライトキャンパス
自己推薦入試:2015年12月19日または20日
一般入試A日程:2016年1月23日  B日程:2016年2月20日  C日程:2016年3月19日  D日程:2016年4月6日
(各入試の出願期間などの詳細は各サテライトキャンパスにお問い合わせください)
合格発表 札幌サテライトキャンパス
校長推薦入試:2015年12月24日
自己推薦入試合格内定通知:2016年1月6日
一般入試A日程:2016年1月29日  B日程:2016年2月19日  C日程:2016年3月24日  D日程:2016年4月9日
仙台サテライトキャンパス
校長推薦入試:2015年12月24日
自己推薦入試合格内定通知:2015年12月21日
一般入試:選考後、1週間から10日前後で通知
東京池袋サテライトキャンパス、横浜サテライトキャンパス
校長推薦入試:2015年12月25日
自己推薦入試合格内定通知:選考後、1週間以内に通知
一般入試:選考後、1週間から10日前後で通知
名古屋サテライトキャンパス
校長推薦入試:2016年1月18日
一般入試A日程:2016年1月29日  B日程:2016年2月26日  C日程:2016年3月25日  D日程:2016年4月14日
福岡サテライトキャンパス
自己推薦入試合格内定通知:2015年12月24日
一般入試A日程:2016年1月29日  B日程:2016年2月26日  C日程:2016年3月25日  D日程:2016年4月8日
選考科目 書類選考、面接(保護者同席)
 
費用
 
入学金 50,000円
授業料 270,000円(30単位履修で計算 1単位9,000円)
※サテライトキャンパスに通学する場合は、学ぶスタイルやサテライトキャンパスによってサポート授業料が別途かかる。(110,000円〜470,000円)
※授業料より、就学支援金分144,360円が減額されます。(30単位履修で計算 1単位あたり4,812円が減額されます)
※所得に応じて加算支給される場合があります。
諸経費 教育充実費25,000円
※サテライトキャンパスに通学する場合は、キャンパスによって施設費が別途かかる。(50,000円〜150,000円)
 
応募方法
 
出願方法 願書を、在籍校を通して希望するサテライトキャンパス宛てに簡易書留で郵送又は直接持参する。
資料請求 直接各サテライトキャンパスに問い合わせ(電話・FAX・メール等)
 
ひとくちガイド
 
たくさんの高校生に大きな夢を与えたい、そのために既存の学校の枠を超えた場を作ろうとする北海道芸術高等学校の教育姿勢に対して各界より多くの賛同の声を頂いている。『生きる』『学ぶ』『考える』『極める』それぞれの視点に基づき、講義・実習・特別授業など様々なカタチで応援してくれる。
◇主な特別講師
古川登志夫先生(声優)、よこざわけい子先生(声優)、一龍斎春水先生(声優)、堀江一眞先生(声優)、里中満智子先生(マンガ家)、須藤晃先生(音楽プロデューサー)、ケント・モリ先生(ダンスアーティスト)、藤原いくろう先生(作曲家・ピアニスト)など
 
 
このページの先頭へ