俳優・声優なるサイト エデュパ

声優・俳優になれる専門学校、プロダクション、
劇団を見つけてデビューしよう!

エデュパ公式Twitter
エデュパ公式Facebook
  • お役立ちコンテンツ
homeお役立ちコンテンツ>おたすけ先生の芸能界情熱講座『進路の決め手』

おたすけ先生の芸能界情熱講座『進路の決め手』

 

登場人物
えぱ子
声優をめざす女子高生。がんばりやさん。
ユメノリ
アルバイトをしながら夢を追いかけている。
おたすけ先生
2人の悩みを解決してくれる。親切だけどちょっと頼りない。
 第4回 体験で嗅ぎ分けろ!データと第六感の勝負!!!
では、資料集めは終わりにしてと・・・。
まった、まった! まだぴったりのところがあるかもしれない。人気にとらわれないで取り寄せると意外にいいところが見つかるかもしれないよ。
専門学校はプロダクションと違って、学校だから授業内容や時間数はみんな似てますよね。
いやいや、プロダクションも学校も個性豊かですよ。だから、しっかり資料で研究したら、次は嗅ぎ分けるんです。
ええー、臭うんですか?
次は、オープンキャンパス、体験入学にチャレンジだ!
やっぱり行った方がいいですか? バイトが忙しいから行かれるかな?
私はどんな雰囲気か知りたいと思っていたから、2校ぐらい行ってみようかな。
専門学校は、3校ぐらい行ってもいいんでは。4校、5校行く高校生もいますよ。
プロダクションも体験やってますか?
もちろんやってます。
プロダクションの体験って何やってるんですか?
いつもやっている基礎レッスンを、養成所の先生が教えてくれる。アテレコや吹き替えの体験をやるところも多いね。
専門学校も同じですか?
そう、内容はそんなに違わないけど、学校の方は校舎が広いから、生徒のイベントなども見られるところがある。レッスンを体験して、先生と接することは学校の特色を知る上で大切だけど、そこの生徒に会って、自分に合うかどうか考えてみるのもいいですよ。
そうか!生徒の雰囲気も参考になりますね。劇団も体験なんてやってるんですか?
劇団は見学や体験をやっているところは少ないね。でも、文学座みたいにワークショップや説明会をやってるところは結構あります。
ワークショップ?それも体験?プロダクションではやってないんですか?
ワークショップにもいろいろなやり方がありますが、劇団の演出家やプロダクションのディレクターによる指導で参加者全員でレッスンするんです。実はプロダクションによっては優秀な人には内定や特待を出すところもあるんです。だから、よーく調べて積極的にオーディションのつもりで参加してみるのがポイントです。
えええー!!じゃ参加しなきゃー!!
体験って、堅苦しいと思ったけど、いろんな形があるんですね。何かわくわくしてきました。
そう、楽しんで、わくわくドキドキして参加するといいです。データでは分からない雰囲気が掴めます。データは条件が合うかどうかを調べるには大切です。でも自分に合ったところは「第六感で、嗅ぎ分けろ!」だ。
次回は「オーディションや試験の受けるポイント」をお話ししましょう。

講座


このページの先頭へ