俳優★声優なるサイトエデュパ

俳協演劇研究所

俳協演劇研究所

Look!ココがポイント

30余年の歴史を誇る研究所

1年間の研修は実習メインの実践主義

優秀者は俳協の準劇団員へ

団体紹介

俳協演劇研究所2

■生の舞台作り、俳協の実践主義がレッスンを超える。

半世紀近い歴史を誇り業界でも大手のプロダクションとして知られ、現在300名以上の俳優・声優が所属し、活躍している俳協。72年より俳優養成を開始し、これまでに木之元亮をはじめ、多くの俳優や声優を芸能界に輩出してきた。2002年から4年間は新人募集を行ってこなかったが、多様化する演劇状況に対応するべく06年4月より演劇研究所を再スタートさせ、新人の育成を再び開始した。新生演劇研究所では、実際の舞台公演・制作を通してダイナミックで魅力ある俳優を育てていく。優秀者は俳協及び俳協のマネージメントによりマスコミ等へ、幅広く演劇活動の場を提供する。

募集要項

俳協演劇研究所2

募集 研究生(16)=1年、月・水・金、午後5時30分~午後9時30分/演出・舞台監督志望研究生(3)=1年、月・水・金、午後5時30分~午後9時30分
応募資格 義務教育を終了した、35歳までの心身共に健康な男女。経験不問
出願期間 郵送締切=[Ⅰ]2017年1月30日(月) [Ⅱ]3月13日(月) 必着
事務所持参の場合はそれぞれ試験日の前日17時まで
試験日 [Ⅰ]2017年2月5日(日) [Ⅱ]3月20日(月・祝)
受験料 1万円
合格発表 翌日発送
選考科目 研究生=せりふ、動き、面接、1分間の自己アピール
演出・舞台監督志望研究生=面接・・・自己アピールを含み演劇観他。一般口頭試問
入所金 無料
受講料 無料
諸経費 公演制作費=半期9万+税及び2,700円(予価)×30枚相当(演出・舞台監督志望研究生は10枚相当)のチケット販売義務あり

GUIDE

俳協演劇研究所2

劇団俳協は1982年に創立し、四半世紀近く歴史を重ねてきた演劇集団だ。俳協<東京俳優生活協同組合>の一事業セクションとして、演劇活動はもちろん、テレビ・ラジオなどマスコミにその出演機会を幅広く持ち多くの俳優が活躍している。劇団員は主に演劇研究所の卒業生の中から採用。2006年4月には4年ぶりに新人募集を再開した。東京・上落合には2つの専用稽古場と客席数112名の上演ホール「TACCS1179」がある。

アクセス

俳協演劇研究所
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
tel.03-3950-5705